『身毒丸』は非日常の世界へ引き込まれる作品です


ArtDance朗読劇『身毒丸』大阪公演まで後4日となりました!

皆様のおかげで、着席して頂けるお席は「完売御礼」となりました。

現在は、キャンセル待ちか、立ち見でのご案内となっております。


公演直前の演者の呟きをお届けシリーズ☆

お次は、ベクトールの公演ではお馴染み

二枚目も三枚目もこなす「イイ声」の松田大介氏です。

今回、僕達が演じる身毒丸。

この作品は登場する人々の大事なもの、認識、未来と過去に抱く願いが微妙にずれていくことで起こるカタストロフィーを描いたものなんだ。
僕が演じる仮面売りは、小間使いと一緒に観客のみんなを身毒丸の世界に引きずり込む役なのさ。
引きずり込まれた後、観客のみんながどんな世界を体験していくのか、今から考えるだけでワクワクしてくるよ!

・・・色々書きましたが、一気に、紙一重の非日常の世界に引き込まれる素晴らしい作品です!
是非、紙一重の非日常を楽しんでください!

身毒丸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です