朗読と歌


オムニバス朗読劇
『夜のうた』

2019年4月13日(土)
大阪八尾市役所地下にあるカフェ
cafe rest pica picaさんにて
朗読劇『夜のうた』を行います

公演前の演者のつぶやきシリーズ!

最後は、「夜のうた」の作詞・作曲者でもある松本有加です

まもなく公演本番!
当日は、ピアノの生演奏でお届けします。

朗読と歌

「声を聴くと人柄がわかる」とある方が言っていました。

朗読も歌も声を使っての表現

たとえ役を演じていたとしても、
本人のお人柄は滲み出ているのではないかな、とわたしは思います。

「空間ベクトール」のメンバーが歌詞からお話を書いて、読んでくれています。

是非、目の前で聴いていただくと
メンバーの声から滲み出る「あたたかさ」を感じてもらえるのではないか、と思います。

今回は、2014年頃にかいた歌
『夜のうた』
の歌詞からお話を作ってもらって、
読んでもらって、
さらに、そこに少しばかり音楽を作り、当日も生演奏でお届けします。

『夜のうた』

どんな日もどんな夜も、
ふと氣がつくと空を見上げてしまう。

そして月に、

いつも助けられる。

すぐに会いたいけど、

夜はお別れ
月の中で、

夢の中で会おう。

毎晩の様に酔っ払って帰る帰り道にできた曲です(笑)

自分の歌詞からお話が出来て読んでもらって、
それに音楽をつけられるなんて、わたしは幸せ者です。

『夜のうた』の曲は2015年にCDにもなっています。
当日はそちらも販売しますので、併せてお楽しみください。

ご予約、公演詳細はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です