出会いとは物語を生み出す化学反応である


2019年7月7日
大阪八尾市役所地下にあるカフェ
cafe rest pica picaさんにて
婚活パーティー&朗読劇
『ロミオとジュリエット ベクトールEdition』
を開催します。

公演前の演者のつぶやきシリーズ!

ロミオとジュリエットでは
ロレンスを演じ、また語り部としても登場します。
この「ベクトールEdition」の脚本を担当しました畑彪です。

はいどうも、畑彪と申します。
普段は役者をやってるんですが、
たまに頼まれて脚本を書くこともあります。

今回も『ロミオとジュリエット』の
脚本を書かせていただきました。

まあ、僕はぶっちゃけ
お話を書くことに関しては
ズブの素人だったので、
指南書なんかを読んで
色々勉強しているのですが。

その中で先生方は
必ずと言っていいほど
キャラクターが大事だ
と仰るのです。

強烈な個性を持ったキャラクターがいて、
彼らが動いたその跡が物語になるのだと。

でも、彼らは
ただそこに居るだけでは”動いて”くれません。
その切っ掛けを与えるのが
『出会い』だと思うのです。

その最も分かりやすいものが、
『ボーイミーツガール』です。
少年は少女と出会い、
出会ったことで物語が動き出します。

僕が今回書かせていただいた
『ロミオとジュリエット』も、
物語は彼らが”出会う”ことで動き出します。

キャラクター同士の”出会い”という
化学反応から生まれる物語を、
どうか皆様にも見守っていただければ幸いです。

romeo and juliet

ご予約、公演詳細はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です