公演情報のお知らせ&Twitter始めました!

11月に入り、本格的に秋めいてきましたね
近々の公演情報とTwitterアカウントのお知らせです

2018年11月18日(日)
音楽朗読劇『Love Letters』

尼崎は立花にある、Cafe&SnackBar都さんにて
ベクトールでは再々演となる「Love Letters」を生演奏のピアノと共に朗読させて頂きます。

 

 

2018年12月15日(土)
音楽朗読劇『Christmas Present』

大阪堀江にある萬福寺さんで
ベクトールオリジナル脚本「Christmas Present」を、ヴァイオリンとピアノの生演奏と共に朗読致します。

 

 

各公演の詳細などはTOPページからCheckして頂けます。

どちらもご予約承り中ですので、是非お越しください!

そしてそして。。。
「朗読表現者空間ベクトール」として、Twitterのアカウントが出来ました!
Facebookの更新が多かったですが、よりリアルタイムに情報を発信出来るようにTwitterも始めましたので、是非フォローお願い致します!

@vector_reading

音楽朗読劇『カラシニコフ不倫海峡』は心に優しい作品なのかも・・・

音楽朗読劇『カラシニコフ不倫海峡』大阪公演までまもなく!

まだまだお席ございます。
ご予約お待ち致しております☆

ご来場を予定されていらっしゃる方は
当日も猛暑が予想されますので、お気を付けてお越し下さいませ。
涼しい場所で、お飲み物を用意してお待ち致しております☆


公演直前の演者の呟き

今回は朗読の演者が二人
締めは、ベクトールの代表のmihiromyです。

最近、不倫女ばかり演じている。
気が付けば、不倫女ばかりを演じている・・・。

しかし、作家さんはうまく書かれるもので、
私がゲス扱いされることなど1度もなく、むしろ擁護される立場の女になっている。

今回の作品、『カラシニコフ不倫海峡』も、間違いなく例外ではないはずで、むしろ、不倫することによって、どうしようもないやるせなさに、体温の生暖かい心地よさを混ぜ込んで、絶妙にロマンティックな恋という甘酸っぱい要素を含ませている。

平面的でなく、立体的というか、幾何学的というか、
その『絶妙』な展開に、どう声だけをもって、その美学に反することなく『絶妙』を織り成すか・・・
というのが、いつもながらのテーマだけど、
今回の作品は、ほぼほぼ人間的に淡々とした口調の女性にどう『絶妙』を織り成すのか、それがとても面白かった。

絶望的な作品

それでいて、嫌みにならない優しさと、
星の回りのぼやーっとした光のような未来が、ほんのひとさじ加わって、
底抜けに明るい作品なんかよりも、ずっと、心に優しい作品なのかもと、思ってます。

田中史子役 mihiromy

カラシニコフ不倫海峡

音楽朗読劇『カラシニコフ不倫海峡』と断髪欲

音楽朗読劇『カラシニコフ不倫海峡』大阪公演は今週末!

まだまだお席ございます。
ご予約お待ち致しております☆


公演直前の演者の呟き

今回は朗読の演者が二人
初めは、ベクトールの公演ではお馴染みの河島辰徳氏です。

暑いから髪を切りたいと先月から思っているのだけど、
先月にやった身毒丸役は「短く爽やかな髪型」は合わないなぁと思い、伸びた髪のままでやったのよ。

そして今月、
さらに暑くなって連日の真夏日。
もういい加減髪を切りたいのだけど、
今月の演目『カラシニコフ不倫海峡』の健一役・・・

こいつすげぇ陰鬱!!

切れないよ!!!

「朗読」なんだからそれほど関係ないようなものだけど、
録音ではなく観客を前にしてライブでやる以上、
朗読者の見た目も「演出」に含まれると思うのよ。

そんなわけで今月もこのクソ暑い中、断髪欲を抑えて演じます。

『カラシニコフ不倫海峡』
7月21日(土)14時から
大阪心斎橋BarTheatreLUDOにて。
是非、ご観劇ください。

でもちょっと整えるかも。
あんまりボサボサだと、
プライベートでモテないじゃん。

待田健一役 河島辰徳

カラシニコフ不倫海峡

ArtDance朗読劇『身毒丸』はリアリズムを感じる事が出来る世界です

ArtDance朗読劇『身毒丸』大阪公演、とうとう明日となりました!

皆様のおかげで、着席して頂けるお席は「完売御礼」となりました。

現在は、キャンセル待ちか、立ち見でのご案内となっております。


公演直前の演者の呟きをお届けシリーズ☆

最後は、ベクトールの主宰であるmihiromyです。

今回の公演に先駆け、大阪・東京と撫子の心情を演じ続けてきたmihiromyが、フルバージョンで臨みます!

昨年12月、ダンサーの飯干未奈さんから、15分程度でダンスと朗読のコラボをとお誘いを受けた。

私が『身毒丸』を改訂し、撫子バージョン(撫子の心情だけに焦点をあてて、ダンスと朗読でやった)の脚本を作ったものを提案させていただき発表したところ、詩的な台詞の羅列にも関わらず、沢山の方が感銘を受けてくださった。
一見、とても難しい話のように思うのだが、実はこの身毒丸は、至極単純な話で、だから、色んな味付け(演出)で楽しむことが出来る作品だ。

朗読側で読み聴かせる『身毒丸』は、ただただ、その台詞や詩の中にあるリアリズムだ。
あり得ない世界観なんていうものに、誰も心を動かされることはない。
その空気にのまれても、きっとすぐに忘れられるものになる。

今回、見せ方(演出)は、アングラ臭漂うものかもしれない。

ただ、それはなにも、

「ほら、かっこいいだろう!」

というような陳腐なものを表現したいわけではない。

朗読劇とは、無駄な動きを極力排除した芝居なので、観客の頭に映像を作る。
ポイントになる部分に入ってくるダンスは、小説でいう挿し絵みたいなものだろうか。

是非とも、動く小説を観に、聴きにいらしてください。

ただ、頭を白くして、根底にあるリアリズムを感じに!

身毒丸

「しんとくまる」でちゃんと「身毒丸役」を演じる・・・よ?

ArtDance朗読劇『身毒丸』大阪公演までまもなく!

皆様のおかげで、着席して頂けるお席は「完売御礼」となりました。

現在は、キャンセル待ちか、立ち見でのご案内となっております。


公演直前の演者の呟きをお届けシリーズ☆

お次は、ベクトールの公演で数多くの役をこなす河島辰徳氏です。

東京の劇団員でもあるため、練習中の写真が撮影出来ず、こんな真面目な写真になってしまい。。。残念。。。コホン!

「しんどくまる」っ読んでたんだ、ずっと、「身毒丸」。

しんとくまる」ね。
その「身毒丸」っていうタイトルの作品で、「身毒丸役」をやるんだ、今回。

おやじが死ぬ前、病院のベッドの上でこう言ってたのを思い出すよ。
「いいか、タツ。
この先、どんな作品に出るにしても、主人公役だけはやるなよ。

主役はだめだ。
主役はな「ちゃんと」やらなきゃいけねぇんだ。
遊べねぇんだ。つまらねぇぞ!
いいか、タツ!主役はやっちゃいけねぇぞ!!」

・・・ガクっ・・・

「お、おやじー!!!」

ま、嘘だけどね。

おやじ、今もぴんぴんしてるし。
サラリーマンがそんなアドバイスするわけないし。

でも、うん、人によるけど、
俺はね、そう感じるんだ。

つまらないわけじゃないけど、
ちょっとしんどい。

「主役は「ちゃんと」やらなくちゃいけない」から。

それでも、せっかくいただいた、お役ですから!
頑張って「ちゃんと」演じるぞ!

と決意表明しているこの記事が、
すでにぶっちぎりで締切り過ぎてる・・・
さっそく「いい加減」。

ほんとすんません。

身毒丸役 河島辰徳

身毒丸

子供の頃に出会った『身毒丸』を演じることになろうとは。。。

ArtDance朗読劇『身毒丸』大阪公演まで後2日となりました!

皆様のおかげで、着席して頂けるお席は「完売御礼」となりました。

現在は、キャンセル待ちか、立ち見でのご案内となっております。


公演直前の演者の呟きをお届けシリーズ☆

お次は、ベクトールメンバーの中で癒しオーラを放つ畑彪氏です。

僕が「身毒丸」という単語を初めて聞いたのは、確か小学生の頃だったと思います。テレビで流れる藤原竜也さんの特集で、彼が蜷川幸雄氏に抜擢されてものすごいスパルタを受けた、というお話(笑)

子供ながらに「すごい世界があるもんだなぁ」とぼんやり見ていたものです。

そんな思い出から十数年・・・まさか自分が演者になって、この演目に関わることになるとは思ってもみませんでした。

どんな縁が巡ってくるのか、どんな出会いがあるのか・・・人生というのは本当に不思議なものですね。

身毒丸

人間の本質的な魅力、欲望そのものである『身毒丸』に親近感を

ArtDance朗読劇『身毒丸』大阪公演まで後3日となりました!

皆様のおかげで、着席して頂けるお席は「完売御礼」となりました。

現在は、キャンセル待ちか、立ち見でのご案内となっております。


公演直前の演者の呟きをお届けシリーズ☆

お次は、ベクトールメンバーの中で一番素足に革靴が似合う男!吉持寿司氏です。

今回、空間ベクトール主宰のmihiromyから朗読劇「身毒丸」への出演の誘いを受けたとき、正直言って迷った。

この作品の(あえて言うが・・・)狂った世界観の中で、自分が役を任されるとしたら・・・それはおそらく「父親」役では、と感じた。

物語の中でひときわ異彩をはなつこの役を自分がやるならと想像したが、直感的に躊躇があった。

作品自体から感じるなんとも言えないダークサイドのエネルギー。

台詞の言外にうごめく強烈な異臭に恐怖を感じた。

しかし、一旦脳裏に刷り込まれた作品身毒丸の世界は、自分の中で絶対に触れてはいけないものから、少しのぞいてみたいもの、触れたらどうなるかが気になるもの、そしていつのまにか、脈々と息づく人間の本質的な魅力、欲望そのものであると親近感すら感じていった。

そう感じた次の瞬間、mihiromyに配役を受諾するメールをした自分がいた。

身毒丸とその義母撫子の心の動き、主人として家族のあり方に思いを注ぐ父。

それを取り巻く世間との境界線。

苦しみ、はかなさ、無常、人として、家族として生きる意味・・・。

お客様にはさまざまな角度からこの作品の意図を感じて頂けたら嬉しく思います。

父親役 吉持寿司

身毒丸

『身毒丸』は非日常の世界へ引き込まれる作品です

ArtDance朗読劇『身毒丸』大阪公演まで後4日となりました!

皆様のおかげで、着席して頂けるお席は「完売御礼」となりました。

現在は、キャンセル待ちか、立ち見でのご案内となっております。


公演直前の演者の呟きをお届けシリーズ☆

お次は、ベクトールの公演ではお馴染み

二枚目も三枚目もこなす「イイ声」の松田大介氏です。

今回、僕達が演じる身毒丸。

この作品は登場する人々の大事なもの、認識、未来と過去に抱く願いが微妙にずれていくことで起こるカタストロフィーを描いたものなんだ。
僕が演じる仮面売りは、小間使いと一緒に観客のみんなを身毒丸の世界に引きずり込む役なのさ。
引きずり込まれた後、観客のみんながどんな世界を体験していくのか、今から考えるだけでワクワクしてくるよ!

・・・色々書きましたが、一気に、紙一重の非日常の世界に引き込まれる素晴らしい作品です!
是非、紙一重の非日常を楽しんでください!

身毒丸

『身毒丸』?ええ、知ってます。。。ええ!?出るの?

ArtDance朗読劇『身毒丸』大阪公演まで後1週間となりました!

皆様のおかげで、着席して頂けるお席は「完売御礼」となりました。

現在は、キャンセル待ちか、立ち見でのご案内となっております。


さてさて、今回も公演直前の演者の呟きをお届け致します☆

トップバッターは、たくさんの声のお仕事をされている

ベクトールの公演には初参加の菱田盛之氏です。

こんにちは、マンガタリ編集部の菱田盛之です。
いつもは声でお仕事をしたり、舞台でマンガを音読したりの活動をしています。
このたびはご縁がありまして、『身毒丸』にご一緒させていただくことになりました。
さて『身毒丸』・・・。
タイトル知ってます。
舞台で上演されてるのも知ってます。
でも、観たことはありません。
あまり触れたことのないジャンルの作品です。
今回、稽古に見学がてらお邪魔して、初めてまともにその世界を垣間見ました。

・・・なのに!

出るんですか!?

小間使いですか!?

いろいろパニックになりましたねー(^^;。

家族、血縁、性愛・・・。
人の生からは切り離せないもの、離れられないもの。
その重く狂おしく、そして哀しい業のようなものをどどっと感じていただくためのお手伝いが、イイ感じにできればなと思っております。
内容的にもスタイル的にも初チャレンジです。
とてもいい刺激をいただいています。
皆さまといい時間を共有することができるようがんばりたいと思います。
よろしくお願いいたします。

身毒丸