服にも歴史があるように、下着にも歴史あり

服にも歴史があるように、下着にも歴史あり。

このところ、1950~6、70年代くらいのランジェリーの歴史について調べているのですが、写真は当時のフランス人女性の下着の参考写真です。

が、私が知りたいのは、当時の一般のアメリカ人女性が身に付けていた下着について。

さて、次は何をしでかすのだろう・・・と思われるかもしれませんが、しでかすのは、朗読劇の時に着る衣装、何を着るかなと考えているだけです。

今月21日に行われる音楽朗読劇は、男女のあれやこれやの不倫現場を25年の歳月皆様に聴いて、観ていただこうというものですので、そうそう、ランジェリーはいかなるものかしらと思った次第なのです。

是非ともこの投稿がどんな風に朗読舞台に反映されるのか・・・覗きにいらしてください

SameTime NextYear

 

朗読ワークショップ第二弾 全日程終了しました!

朗読ワークショップ全8回最終日

全てにご参加くださった方、ご新規の方、それぞれいらっしゃいましたが、共通して言えるのが、皆様本当に熱く、そして楽しんでいらっしゃいました。

最終的には、そこが何より大切ですね。

これまで、
「人前で朗読したい」と目標のある方、
お仕事で人前で話す機会が多いのでそれに役立てたい方、
普段から声優のお仕事をされている方、
イベントで決まった朗読をしなければならないから、等
様々な目的をお持ちの方がお越しくださいました。

このワークショップを通じて、皆様の糧になればこれ以上に嬉しいことはありません。

応援くださり、支えてくださるBar Theatre LUDOさん、
完璧なフォローで私を助けてくれるベクトールのマックさん。
本当にありがとうございますm(__)m

引き続き、第三弾もやろう!!と計画しています。

詳細が決まり次第、お知らせ致しますので興味を持って頂けましたら幸いです。

ワークショップ6回目終了

舞台公演を間に挟み、今週はちょっと久しぶりの朗読ワークショップでした。

舞台の1シーンみたい!

今日は
リラックス
という事と、
滑舌について
を中心的に。

 

生徒さんの作品発表のための題材を選んでいる時にフッと思った事

人ってなんて思い込みの激しい生き物なのだろうかと。

動いているものを見て、分かった気になる。

文字で見て、分かった気になる。

ただただ、そういう気になっていることがほとんど。

 

私たちは、とにかく、
いい朗読をしたいし、
いい朗読者も、
もっと言えば、
いい役者も増えてほしい。

 

リラックス

大切ですよ~

 

そんな朗読ワークショップも残すところあと2回

1回だけの参加でも大歓迎です☆

是非ご参加お待ち致しております!

お申込みはコチラから☆

収録再開

さて、さて!

舞台の本番も終わったところで、収録再開です❤️

今日は、ワイワイガヤガヤのシーンの収録

河島辰徳くんのアカペラで歌う歌の収録✨✨

編集後、キャスト達みんなで、すごーーい!!とおおはしゃぎでした💓

皆かわいすぎた(*≧∀≦*)

編集したガヤガヤシーンと
アカペラで歌う河島くんの歌声をどうぞお楽しみに!!

公演終了致しました

2017年11月3日、4日

大阪・心斎橋にて無事2日間の公演が終了致しました。

 

ご来場頂きました皆様・・・

今回お会いすることが出来なかったけれども気にかけて頂きました皆様・・・

いつも多大なご協力を頂いているBar Theatre LUDOの皆様・・・

素敵な舞台写真を撮影して頂きましたS様・・・

 

本当に、本当にありがとうございました。

皆様にまたお会いできる日を楽しみにしております!

 

ホ!

本日も遅くまで公演のお稽古

いいシーンが続々と仕上がってきています(*´ω`*)
かっこいいシーンが続々と仕上がってきています(*´ω`*)

1人でも多くの皆様にみていただきたいです

本当に本当に聴いていただきたいです

火力強く、
目一杯、頑張ります

 

2017年11月3日 15:30~
2017年11月4日 19:00~
at 大阪・心斎橋 秘密劇場Bar Theatre LUDO

 

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

今回のジャンルは「朗読劇」です

寒くなりましたねー。

マスクと首巻き(笑)が手放せない季節になりました。

出したい時に、出すべき時に、自分の納得のいく高さで声を出せる!
プロの朗読家としての基本を踏まえ、
朗読者全員、喉のケアをしつつ、11月3、4日公演に向けてお稽古に励んでおります。

さて・・・

朗読表現者 空間ベクトールの公演では、
ジャンルをいくつかに分けています。

朗読劇
音楽朗読劇
ライトリーディング
etc…

今回の公演は、その中でも最も文学性が高く、言葉の響きが美しい「朗読劇」です。

演劇界の名作として名高く、海外でも舞台公演が行われた事のある
「タンゴ・冬の終わりに」(原作:清水邦夫)

朗読劇。。。
ですが、ただ朗読を「ジッ」っと聴くだけではありません。

雰囲気ある照明の中、
皆で狂ったようにタンゴを踊ったり・・・

哀愁溢れる音楽をバックに、
カッコいい女を演じたり・・・

『聴く』だけではなく『観て』楽しんで頂ける朗読劇です。

皆様のご来場を心よりお待ち致しております!

ご予約はコチラから

ワークショップ3回目終了

朗読(劇)ワークショップ第二弾
3回目が終了しました!

何事もそうですが、基礎を習得するって、並大抵の努力じゃ出来ないと思っています。

過去の自分の経験の中から、良かった事、間違っている事も含めて、色々と習得しました。

だからといって、「それ」を疎かにしてしまうと、ある一定ライン以上は、たまたまその人が素晴らしいセンスを持っていたとしても、上手くはならない。

『楽しくも、苦しい道のり』

本当に上手くなりたい人が戻ってくるのは、結局そこなんだと思います。

上手い人は必ず通る道。

趣味であろうが、プロであろうが、本気で楽しめてて、キラキラしてる人は、ここを絶対に怠っていない。

キラキラしたい人は、全くの初めてでも一緒にやりましょう!

初心者ではない人も、本気で楽しめてる??

ワークショップ詳細はこちら

『タンゴ・冬の終わりに』照明リハーサル

今日は、11月3、4日に心斎橋にあるBar Theatre LUDOさんで行われる本格派朗読劇『タンゴ・冬の終わりに』の照明リハでした。

照明、音響が入ると一気に気分があがりました❤️

台詞がいちいちかっこいい。

そして・・・
皆、本当にいい朗読をするんです。

是非皆様に観て、聴いて頂きたいです。

ご予約お待ち致しております!