マスケラ キョンシーNIGHT!

マスケラキョンシーナイト

2019年10月31日(木)

マスケラLIVE
『キョンシーNIGHT』

マスケラキョンシーナイト

ミュージシャン達が趣向を凝らし、シアトリカルに楽しませてくれる

マスケラLIVE

毎回好評のマスケラに、
今回はストーリーテラーとしてmihiromyが参加させて頂く事になりました!

ハロウィーンの日、皆様を「キョンシーNIGHT」へいざないます。

// Time //
  • 開演 19:30
  • ※開場は30分前
// Place //
  • Bar Theatre LUDO
  • 大阪市中央区南心斎橋1-18-14 ミドウ心斎橋ビル5F
// Charge //
  • 前売 ¥3,000
  • 当日 ¥3,500
  • ※どちらも+1ドリンクオーダー制

マンガタリLIVEに松田大介が出演させて頂きます

マンガタリLIVE

2019年9月8日(日)

コミックリーディングライブ
マンガタリLIVE
第19号~ミステリ~

マンガタリLIVE第19号ミステリ

菱田氏が主宰のマンガタリ編集部の定期公演

「マンガタリLIVE」

に松田大介が出演させて頂く事になりました。

// Time //
  • ①14:00 ②18:00
  • ※開場は各回30分前
// Place //
  • Bar Theatre LUDO
  • 大阪市中央区南心斎橋1-18-14 ミドウ心斎橋ビル5F
// Charge //
  • ¥2000
  • ※1ドリンク付
// Reservation //

自然にキラッキラした出会い

ロミオとジュリエット_mihiromy

2019年7月7日
大阪八尾市役所地下にあるカフェ
cafe rest pica picaさんにて
婚活パーティー&朗読劇
『ロミオとジュリエット ベクトールEdition』
を開催します。

公演前の演者のつぶやきシリーズ!

ロミオとジュリエットでは
ジュリエットを演じます。
mihiromyです。

私がイベントを主催する時に
すっごく嬉しいなぁーと思うことがあって、
それは、お客様同士がいつの間にか
【仲良し】
になってることで、

「あれー?
○○さんと××さんって仲良かったんでしたっけー?」

って聞くと、

「今、知り合いになったのよー」
と言われ、
【共通】の何かを目的として来た人同士は、
普段ステイタスも性格も色んな事が違う人同士なのに、
ただそれだけで
すぐに意気投合してしまう。

ここに変な人が集まらない
という安心感もあるからなのかなぁーと思う。

私達は普段から
【観せながら出会いを提供する】
エキスパートだとも言える。

学生時代、よくコンパなるものに誘われ、
紹介もよく頼まれた。

しかし、、、、
これは、ほんとぉぉぉーーーーーに
個人のトーク技術などに左右されまくってしまう・・・・
周りの友達たちのヘルプやらなんやらあってもだ。

ただただ【婚活パーティー】と言っているものも、
お二人をくっつけるエキスパートがいたとしても、
やっぱり初めて出会ったもの同士が、
すぐに打ち解けるなんて至難の技じゃないんだろうか・・・・

それに、一人一人にコンサルタントがつくなんて
贅沢すぎる婚活パーティーはないだろうし、
あったら、一体いくらのパーティー、
または、何らかの契約をさせられるんだろうと
恐ろしくなります((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

私達は普段、
いらしてくださった皆様に喜んでいただくために
【朗読劇】をしています。
そのための努力は全く惜しみません。

そのエネルギーは
観てくださる方にも伝染し、
同じエネルギーを持ち、
お客様がキラッキラされて

「眩しいーーー!!!」と
私の方が思うことが毎回あります(笑)

そんな眩しくなった人達は
何かを喋りたくて喋りたくてたまらなくなるのです。

たとえば、
面白い映画を観たら
誰かに話したくて話したくて仕方なくなるし、
誰もいなかったら今ならSNSにアップして、
誰かと繋がりたくなりますよね??

朗読劇×婚活パーティーは、
まさに理にかなった【出会い】の場だ!!!!!
と熱くなっています!!!!!

楽しく自然に出会って、
後の思い出にもなるなんて、
ステキだって思いませんかっ?

romeo and juliet

ご予約、公演詳細はコチラから

出会いの要素は偶然のみ

ロミオとジュリエット_河島辰徳

2019年7月7日
大阪八尾市役所地下にあるカフェ
cafe rest pica picaさんにて
婚活パーティー&朗読劇
『ロミオとジュリエット ベクトールEdition』
を開催します。

公演前の演者のつぶやきシリーズ!

ロミオとジュリエットでは
ロミオを演じます。
河島辰徳です。

例えば、
やっとお互いの予定が合って、
呑みにいこうってなったのに、

ドタキャンされてその後
一人で入った呑み屋で知り合った女の子と結婚する。
みたいな。

曲がる道を一本間違えただけで、
人生が変わるみたいな。

私にとって出会いは偶然のみの要素で。

今、私の周りにいる人たちとの出会いは
全て偶然から始まっている。

求めたわけでも、
求められたわけでもない。

それがとても心地よくて。
周りの人たちを愛さずにはいられないのです。

romeo and juliet

ご予約、公演詳細はコチラから

出会いとは物語を生み出す化学反応である

ロミオとジュリエット_畑彪

2019年7月7日
大阪八尾市役所地下にあるカフェ
cafe rest pica picaさんにて
婚活パーティー&朗読劇
『ロミオとジュリエット ベクトールEdition』
を開催します。

公演前の演者のつぶやきシリーズ!

ロミオとジュリエットでは
ロレンスを演じ、また語り部としても登場します。
この「ベクトールEdition」の脚本を担当しました畑彪です。

はいどうも、畑彪と申します。
普段は役者をやってるんですが、
たまに頼まれて脚本を書くこともあります。

今回も『ロミオとジュリエット』の
脚本を書かせていただきました。

まあ、僕はぶっちゃけ
お話を書くことに関しては
ズブの素人だったので、
指南書なんかを読んで
色々勉強しているのですが。

その中で先生方は
必ずと言っていいほど
キャラクターが大事だ
と仰るのです。

強烈な個性を持ったキャラクターがいて、
彼らが動いたその跡が物語になるのだと。

でも、彼らは
ただそこに居るだけでは”動いて”くれません。
その切っ掛けを与えるのが
『出会い』だと思うのです。

その最も分かりやすいものが、
『ボーイミーツガール』です。
少年は少女と出会い、
出会ったことで物語が動き出します。

僕が今回書かせていただいた
『ロミオとジュリエット』も、
物語は彼らが”出会う”ことで動き出します。

キャラクター同士の”出会い”という
化学反応から生まれる物語を、
どうか皆様にも見守っていただければ幸いです。

romeo and juliet

ご予約、公演詳細はコチラから

簡単なんだけど実は深い・・・?

ロミオとジュリエット_松田大介

2019年7月7日
大阪八尾市役所地下にあるカフェ
cafe rest pica picaさんにて
婚活パーティー&朗読劇
『ロミオとジュリエット ベクトールEdition』
を開催します。

公演前の演者のつぶやきシリーズ!

ロミオとジュリエットでは
ティボルトとバルサザーを演じます。
松田大介です。

今回、ロミジュリということで、
出会い」というものについて、
何かしらの自分の想いを書こうかなと・・・

出会いってな、
良いも悪いも偶然というか運命というか、
なんかそういう起こるべくして
起こるものなのではないかと思う。

で、それを聞くと
だいたい自分じゃどうしようもない力が働いていて・・・
なんて言う人もいるけど、
そういう言い訳も引っくるめて
自分で作り上げた
ドラマチックな偶然、運命なんだと思う。

ロミジュリは、
一目で運命を悟り、
その運命に対して一途な想いを体現し、
生まれた話のように思う。

結末は、誰しもが知るところだが、
自分で作り上げ、自分で導いた運命は、
もしかしたら、劇的なものになるのかもしれない。

出会いってすごく、
簡単なんだけど実は深いもんなんじゃない?
っていう僕のお話。

素敵な偶然という名の出会い、見つけに来てね。

romeo and juliet

ご予約、公演詳細はコチラから

人との出会い

ロミオとジュリエット_松本有加

2019年7月7日
大阪八尾市役所地下にあるカフェ
cafe rest pica picaさんにて
婚活パーティー&朗読劇
『ロミオとジュリエット ベクトールEdition』
を開催します。

公演前の演者のつぶやきシリーズ!

ロミオとジュリエットでは
召使いメアリーを演じます。
今回のお稽古でどんどん進化していってる松本有加です。

人との出会いは全部がだなあ、と思います。

そしてその時すぐに近くならなくても、
何年後かにどこかで、
バッタリ会ったり、
お仕事が一緒になったりだとか、
縁がある方はまたどこかで繋がります。

人との出会いによって、
その日から急に人生が変わる事もあります。

わたしはそれは、
生きている毎日の楽しみでもあります。

romeo and juliet

ご予約、公演詳細はコチラから

出会いは「終わり」ではなく「それから」

ロミオとジュリエット_菱田盛之

2019年7月7日
大阪八尾市役所地下にあるカフェ
cafe rest pica picaさんにて
婚活パーティー&朗読劇
『ロミオとジュリエット ベクトールEdition』
を開催します。

公演前の演者のつぶやきシリーズ!

ロミオとジュリエットでは
マキューシオを演じます。
【本を読む人】の公演でご一緒させて頂いた菱田氏です。

こんにちは、
マンガタリ編集部の菱田盛之です。
ベクトールの皆さまには
いつも仲良くしていただき、
ありがとうございます。
着々と癒着を強めている
今日このごろです(笑)。

今回は「出会い」のお話ということで。
年齢も上がってきましたのでね、
男性も女性も、
さらには人かどうかも関係なく
数え切れないくらいの「出会い」がありました。

残念ながら、いい出会いがいつまでもいいままとは限りません。
仲違いをしてしまったり、
いつの間にか疎遠になってしまったり。
でも、よくよく考えてみれば、

「あの人に出会ってなかったらアレはなかったな」
(あの人に誘われなければマンガタリ編集部は誕生しなかった)とか、

「あの時アレを見なかったらこうなってなかったな」
(あの広告をたまたま見かけなければ今の仕事にはなってなかった)とか、
今の自分は一つひとつの「出会い」が生み出した結果。
人生、出会いと選択の積み重なりなんですよねー。

もう一つ、最近とみに感じるのは
最初はふとしたことだった出会いが、ずいぶん時間が経ってから
大きな流れや波となって戻ってきたりするなあ…ということ。
人やものとの「出会い」が生み出すものは、ずっと続いていく。
何かの形となって現れるには時間がかかったりもする。
「出会い」は一時のように感じるけれど、
そのときで終わりじゃなくて、実は「それから」なんですよね。

これは僕が感じていることですけど、
自分自身も、そういう形で
他の人の人生の何らかのピースになってるはず。
うまくおつき合いできることばかりではありませんけど、
どうせなら、いい感じに活きる出会いで
あれたらなぁと思います。

今回の皆さまとの出会いが、
いいものに育ちますように。

romeo and juliet

ご予約、公演詳細はコチラから