今回のジャンルは「朗読劇」です


寒くなりましたねー。

マスクと首巻き(笑)が手放せない季節になりました。

出したい時に、出すべき時に、自分の納得のいく高さで声を出せる!
プロの朗読家としての基本を踏まえ、
朗読者全員、喉のケアをしつつ、11月3、4日公演に向けてお稽古に励んでおります。

さて・・・

朗読表現者 空間ベクトールの公演では、
ジャンルをいくつかに分けています。

朗読劇
音楽朗読劇
ライトリーディング
etc…

今回の公演は、その中でも最も文学性が高く、言葉の響きが美しい「朗読劇」です。

演劇界の名作として名高く、海外でも舞台公演が行われた事のある
「タンゴ・冬の終わりに」(原作:清水邦夫)

朗読劇。。。
ですが、ただ朗読を「ジッ」っと聴くだけではありません。

雰囲気ある照明の中、
皆で狂ったようにタンゴを踊ったり・・・

哀愁溢れる音楽をバックに、
カッコいい女を演じたり・・・

『聴く』だけではなく『観て』楽しんで頂ける朗読劇です。

皆様のご来場を心よりお待ち致しております!

ご予約はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です