サウンド担当 五月エコさん


音楽朗読劇「セイムタイム・ネクストイヤー」公演まであと3日☆

今回は、ベクトールへは初参加!の五月エコさんのご紹介です。

ウミネコ楽団でアコーディオン奏者として活躍されています。

たくさんのイベント活動でお忙しいエコさんですが、リハーサル中の写真からは暖かい雰囲気がほわほわと感じられます。

Reported By Mihiromy

可愛いアコーディオンが2台

どちらの方が私好みか、どちらの方が私の声に合っているか。。。まず、楽器選びから入念にしてくれる。

一つはとても繊細な音。
もう一つはメリーゴーラウンドを連想させるような音。

どちらも、胸がサワサワとする。
けど、今回は後者を選んだ。

今回の作品『セイムタイム・ネクストイヤー』にドンピシャで合う音。

音を聴いた瞬間に、一気にキャラクターの気持ちにさせてくれる。

楽しい気持ち
ドキドキする気持ち
腹ただしい気持ち
悲しい気持ち・・・

エコさんが属するウミネコ楽団のオリジナル楽曲や、ウミネコ楽団の新井洋平さんがこのために書き下ろしてくださった曲も、また、このおしゃれで暖かい作品にぴたりと寄り添う。

聴きに、観に来てくださった誰の心にも響く、素敵な朗読劇になることを確信した。

SameTime NextYear

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です