良い脚本があれば・・・


2019年2月17日公演CASTのつぶやきシリーズ!

お次は、ベクトールオリジナル脚本「幻列車」の中で「金田」を演じる河島辰徳です。

うまい飯があれば食べたいし、
いい女がいればデートしたい。
当然、良い脚本があれば演じてみたい。
常々、そう思っていた。

どうやら、松田大介の書く脚本は「良い」らしい。

是非、演じてみなければと思っていたが、初演の幻列車はキャスティングに空きがなく、演じることができなかった。

「良い脚本に俺を使わないだと!?
松田大介、許すまじ!!」


と夜な夜な呪い続けていたら、今回、幻列車の再演に俺を使ってくれることになった。
しかも、俺のために少し書きかえてくれたらしい。

先日、届いた脚本でさっそく稽古したのだが、
相手役をやってくれた役者仲間に、
「金田が見えたわ。」
と言われたよ。

ありがとう、松田大介。
精一杯演じるよ。
でも許すか許さないかでいえば、
許すまじ。

☆公演詳細はコチラから☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です