サクラの下の酔っぱらい


空間ベクトール4周年記念公演
『ふたたびの恋』

公演に向けてキャストそれぞれの思いを呟く「演者のつぶやき」シリーズ

お次は、室生晃一役の河島辰徳です。

いつかの週末、
ちょうど桜の季節に、
スナックで朝まで呑んで。
帰り道、少し大きな公園の前を通ったんだ。

それはもう見事な桜で。
なのに、お花見してる人が誰もいなくて。
「すげぇ!独り占めじゃーん!」
って満開の桜の下で缶ビール呑んでたんだ。
朝の6時に。

公園のベンチで泥のように眠って、
目がさめると、
家族づれで埋め尽くされた公園。

その真ん中のベンチで、
泥から這い上がる中年男子。

完全に、見てはいけないモノ扱いだよね。

おまけに、ベンチから転げ落ちて、側頭部を強打。

1年経った今、
CT撮りにいったほうがいいかな・・・
と、思う38歳の春

CTも撮りに行かずに、
命がけで、読む朗読劇、
「ふたたびの恋」
是非、ご来場ください。

よろしければ、
観終わってから、
一緒に酒でも飲みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です